学習障害

学習障害のある子供をどのようにサポートしますか?

Play Video

1. 子供の得手不得手を見分ける。

2. 子供に現代の電子機器を使わせる。

3. 子供のコミュニケーション能力を高める。

4. 非現実的な期待はしない 。

5. 弱点は得意な分野や興味あることを通して強める。

6. 成功するための手段として細分化して学ぶ。

7. 復習、復習、復習。

8. 毎日自分の子供を言葉や態度に表して祝福する。

状況を調査する

この生徒の外交面はどうか?

顔の表情やジェスチャー、会話のニュアンスが理解できているのか?

困難を覚えているのはいつからか?

学校の通信簿を調査する。前任の教師は、この生徒が最も良く学ぶことができるのはどんな方法だと言っているか?

生徒のセルフイメージはどのようなものか?

学ぶことに対して意欲的か?

この生徒の行動はどんなものか?

目立っているか、引っ込み思案か?

クラスの環境は、この生徒の学びに貢献しているか?

この生徒の学びを妨害するようなものはあるか?

生徒の席はどこか?

教室内の騒音レベルはどうか?

視覚的または聴覚的に気を散らすものはないか?

教室の室温はどうか?

快適か?

明るさはどうか?

事実を調査する

学習上の工夫 読み方を教える

1. 教室での音読は希望者にさせる。

2. 読み聞かせた文章を繰り返し音読させる。

3. 識字に困難を覚える生徒には、両親に学習内容を読み聞かせることを許すなど配慮する。

4. 目の不自由な方向けの録音教材などがあれば利用する。

5. バーバリゼーションや図解を通して読解を深める。

6.あとで聞き直し理解を深められるように、生徒が読んだ内容(誰が、何を、どうしたか等)をノートに書きださせるか、口頭で説明したものを録音する。

7.読書感想文を書かせる際には、生徒がページのほとんどを読めることを確認する。何行かを間違いなく読めなければ、全体の理解に影響する。

8.読書の時間は短く設定する。(20分おきに5分間休憩する。)

9.視覚処理に問題がある生徒には、読む場所がわかりやすいように紙などで他の部分を隠したり、1行分の窓を開けた目隠しの紙を用意すると助けになることがある。

10.蛍光ペンなどで重要な部分を目立たせる。

11.視界に様々なものが入ると気が散ってしまう生徒には、大きな付箋などを使って隠す。

12.上手に朗読ができても内容を理解することに困難がある生徒がいることを知っておく。

13.段落ごとに順番に生徒に朗読させるのは、必ずしも賢い時間の使い方ではない。

14.授業中に生徒に朗読させる場合は、席順にではなく先生が指名する。そうすれば特定の生徒に識字の困難があることを強調しなくて済む。

15.特定の生徒が教室で朗読したいとき、あるいはしたくない時がわかるようなサインを決める。

16.生徒の興味のある分野の新聞記事などを活用する。書籍よりも記事の方が短くてよい。

17. もしある生徒の読解能力が該当学年よりも低い場合、国語以外の教科書も難しい場合がある。

18.生徒の理解能力を確認するために、朗読をさせたり、また生徒に口頭で質問する。

私たちチャイルドDの働きは、新生児から大人まであらゆる年齢の特別な支援を必要とする人々のためのものです。私たちはクリスチャンの先住民牧師、宣教師、専門家や親たちをオンラインでスケジュールされたミーティング等で訓練し助言しています。また私たちのもとには以下のようなニーズを満たす専門家がおります。 注意:私たちはセラピーを実施しておりません。また今年度の残りのスケジュールもチェックをお願いいたします。

  • 皆様の選択された教育的環境における、お子様のためのアドヴォカシー(権利擁護や、主張を代弁)
  • 自閉症と高機能自閉症/チックやエコラリアについて
  • 注意欠陥多動障碍-不注意型 
  • 注意欠陥多動障碍-衝動型 
  • 注意欠陥多動症-混合型
  • 様々な行動障碍
  • 囲とは異なる特性ゆえに、いじめに遭う
  • 発達遅滞(強度の場)
  • 識字障害(読み、スペリオング、言語上の困難)
  • 算数障碍(数学、計算に困難がある)
  •  細かい動作および視覚運動における問題(作業療法の必要性)
  • 総運動力、左右の中心ラインでの交わりと、バランス力、不器用さ
  • 言語処理障碍/場面緘黙症(選択性緘黙)
  • 学習障碍(略して学習困難)
  •  視覚処理/聴覚処理における障碍

これらの問題は鬱や低い自己認識の原因となり得、支援につながらないまま引きこもってしまうようになる可能性も。

支援のお願い:皆様の尊いご支援が、隠れた障碍に苦しみ翻弄される家族や個人にキリストにある希望を与え、実際的な援助によって彼らを力づけるのです。

Scroll to Top